レディー

糖尿病の症状が当てはまったらすぐに病院へ行こう

増加傾向にあるがんです

ドクター

電子内視鏡を使って検査

直腸がんは大腸がんのひとつですが、現代の日本の食生活は、動物性脂肪を多く摂取する機会が多いため増加傾向にあります。女性に比べると男性のほうがやや多い病気です。主な症状には血便や便が細くなる、便秘、腹痛などの症状が見られますが、痔核と間違っている人も多いため、発見が遅れる可能性があります。専門クリニックを受診して、精密検査を受けると診断が付きやすいので、信頼できる医師が在籍をしている病院やクリニックを探しておく必要があります。便の潜血検査を行ったり、内視鏡による検査が受けられます。現代は電子内視鏡を使用している病院が増えており、先端の部分にテレビカメラが付いているので、直腸がんを発見しやすくなります。

内視鏡による手術も可能

直腸がんを予防するためには、βカロテンや食物繊維が豊富に含まれている緑黄色野菜を積極的に食べるようにしたり、脂身の多い肉類やチーズなどの乳製品を控える必要があります。精密検査を受けて直腸がんが発見された場合は、病変を取り除くための手術を行っています。比較的腫瘍が小さい場合は、内視鏡を使って切除を行うことも可能になっています。ある程度病気が進行している場合は、手術を受けた後は排尿障害や排便障害が見られる場合があります。手術後の経過によっては人工肛門を使用する必要があります。現代は医療技術が進んでいるため、なるべく人工肛門を使用せずに済むように、治療を受けることも可能になっています。早期発見をすることで、体に負担の少ない治療が受けられます。

Copyright© 2017 糖尿病の症状が当てはまったらすぐに病院へ行こう All Rights Reserved.