レディー

糖尿病の症状が当てはまったらすぐに病院へ行こう

症例の多い病院で切除

お腹を押さえている人

外科的に切除する

食事をした後、食べ物は胃で消化されます。胃から直接小腸に行くのではなく、その間にも器官があります。これが十二指腸になります。指の幅の12倍ほど、実際の長さとして25センチぐらいの臓器になります。がんは、胃ではそれなりにありますが小腸ではないとされています。その中間の十二指腸では、一応十二指腸がんがあります。ただし、発症が非常にまれながんとされていて、一般的には十二指腸がんになることはないかもしれません。また、がんと言っても良性腫瘍から変異するものが多いとされています。がんですからそのまま放っておけば他に転移などをするので、一定の措置を行います。早期であればほぼ外科的な対応で切除します。人間ドックなどで早期の状態で見つかった場合には、開腹をせずに内視鏡で患部を切除する治療を行うこともあります。進行しているときは、抗がん剤などを使います。

治療で治る可能性が高い

がんの治療をしたとしても、完治しやすい場所としにくい場所があります。術後の生存率などで知ることが出来、50パーセントを超えるのであれば完治しやすいがんと言えるでしょう。十二指腸がんは治療をしたときにどれくら胃の生存率があるかですが、25パーセントから60パーセントぐらいとなっています。状態にもよりますが、50パーセントを超えることもあるので、完治する可能性の高いがんとされています。十二指腸がんは治りやすいがんですが、あまりかかる人が少ないがんともいわれます。そのため、病院によってはあまり症例が少ないところもあります。確実な治療を望むのであれば、将来が多い病院を選ぶとよいでしょう。いろいろなパターンに対応してもらえます。

Copyright© 2017 糖尿病の症状が当てはまったらすぐに病院へ行こう All Rights Reserved.