レディー

糖尿病の症状が当てはまったらすぐに病院へ行こう

肺がんで現れる症状

ハートを持った女性

胸水が溜まる

肺は胸膜という二重の薄い膜で包まれていますが、ここに細菌などが感染して炎症を起こすと胸膜炎になります。ただし癌性胸膜炎は細菌ではなく、肺がん・胃がん・乳がんなどの細胞が胸膜に転移することで発症します。がん細胞は組織から容易に剥がれ落ちて、他の組織に広がっていく性質があります。癌性胸膜炎にかかると胸膜の間に水(胸水)が溜まり、これが原因で胸が痛んだり咳が出たりします。深呼吸をすると、胸の痛みがひどくなるのが特徴です。大量の胸水が溜まると肺を圧迫し、呼吸困難を起こすこともあります。そのため胸に細い管を刺して胸水を排出させますが、場合によっては再び水が溜まることを防ぐ目的で、胸膜の間を薬で埋めてしまうこともあります。

原因の早期発見を

以上のような癌性胸膜炎の治療は対症療法的なもので、原因になっているがんを治療することはできません。胸膜まで転移していると、元のがんも進行している場合が多く、手術で取り除くのは難しいと考えられます。そのため抗がん剤による治療が中心になります。これに免疫療法を併用して効果を上げているクリニックもあります。癌性胸膜炎を予防するには、原因となるがんの早期発見が第一です。喫煙者はもちろん、中年以降の女性も肺がんにかかるリスクが高いので、定期検診を受けることが大切です。また咳をすると胸が痛むなどの症状があったら、胸水が溜まっている可能性があるため、簡単に風邪だと決めつけないで、内科を受診することをお勧めします。

Copyright© 2017 糖尿病の症状が当てはまったらすぐに病院へ行こう All Rights Reserved.